題名

ある日、診察室で患者が医師に言いました。

特集2
方言の痛み表現を知る
コラム
01
所属
国立国語研究所
氏名
竹田 晃子

日本各地の「痛みのオノマトペ」

 さて、最後の診察室は沖縄県首里です。患者が医師に言いました。 「耳ぬひっすいひっすいすん。」…耳に水が入ってすぐ? いいえ、「耳がひりひりする」という意味です。「ひっすいひっすい(すん)」は「表面がひりひり(痛む)」という意味を表す首里方言のオノマトペです。
 オノマトペとは,擬音語・擬態語などの総称です。たとえば、チリン(風鈴)、ワンワン(犬)などのように実際の音や声を模す擬音語・擬声語と、キョロキョロ(目玉)、ジトジト(湿度)などのように動きや存在の様子を表す擬態語があります。世界の言語の中でも、日本語(共通語)の擬態語のバラエティは特徴的と言われていますが、とりわけ方言の擬態語は、語形も意味もバリエーションが豊かです。
 オノマトペには、身体の違和感や痛みを表す表現がたくさんあります。共通語では、痛みをシクシク/キリキリ/ズキズキなどと表現することがあります。外国で病院にかかったときに日本語ネイティブが使いたくなる表現なのだそうですが、日本語がわからない人には通じません。
 同様に、方言にも痛みを表す独特なオノマトペがあります。たとえば次のような表現です。

「へながーえかえかずー。」
背中がちくちく痛む。(岩手県)
「腹がにやにやする。」
腹が鈍く痛む。(山形県)
「背中がしかしかしてかなんわ。」
背中がちくちくと痛くてだめだな。(京都府)
「日に焼けて肌ぁひかひかしる。」
日に焼けて肌がひりひり痛む。(石川県)
「こりょー食べると喉がかやかやする。」
これを食べると喉が痛む。(静岡県)
「歯がさくさくする。」
歯が痛む。(徳島県)
「お腹がにしにしする。」
お腹が痛む。(香川県)
「腹がじかじかしだいた。」
腹が痛み始めた。(高知県)
「喉のしゅんしゅんすっ。」
喉が染みて痛む。(佐賀県)
「頭がはちはちする。」
頭が割れるように痛む。(長崎県)
「ちぶるぬがんないがんないすん。」
頭が割れるように痛む。(沖縄県)

 さあ、診察もそろそろ終わりに近づきました。共通語なら「お大事に」と言って患者を送り出すところですが、これにも方言があります。では、どうぞお大事に。

「お体を おじやいなひて。」
お体をご自愛なさって。(和歌山県)
「どーぞ ためられない。」
どうぞお大事にね。(岐阜県)
「あちゃ おだいじなさーい。」
ではお大事にさってください。(群馬県) 
 

前へ

22